障害年金の診断書は

障害年金を請求する際に用いられる診断書は、医師が作成や発行する証明文書であり、診察による人の健康上の状態を医学的に証明する大事なものです。
この診断書がないと当然障害年金を受け取ることができないので、覚えておいてください。
この診断書が曖昧あるいは不正確な過去の記憶に基づき、作成されて第三者が損害を受けた場合は、その方は診断書を作成した医師に対して損害賠償請求ができます。


また、病院名や診療所名で作成や発行されたものは、診断書として認められていません。
診断書の作成を依頼する際に、傷病の障害認定日が過去5年以内の場合は、障害認定日から3ヶ月以内の時点の医証と、建材の症状を記載した診断書の2つを作成するようにしてください。
また、傷病の障害認定日が5年以上前の場合は、現在の症状を記載した診断書の作成のみで問題ありません。


精神障害の場合は、基本的に、精神保健指定医や精神科医が作成したものでなければ、認められませんので気を付けてください。
一つの傷病が原因で複数の障害が有るというケースについては、障害状態をしっかり確認できる複数枚の診断書が必要であり、どれか1枚でも欠けてしまうと、認められないことがあります。


障害年金を得るためには、診断書の効果は非常に大きく、欠かせないものとなっています。
そのため、この診断書の作成を依頼する際には、細心の注意が必要であり、これから障害年金を受けられるかどうかがかかっているので、上記のことに注意して依頼をするようにしてください。


[外部リンク]
障害年金を得るための診断書作成など、障害年金申請の代行を行っている事務所です → → 障害年金申請